薬用アットベリージェル

薬用アットベリージェルは大小織り交ぜて、守り浸透させる

薬用アットベリージェルの強みは、その効果を発揮するために肌への美容成分を大小のサイズに分けて、それぞれの役割を果たすように作られている点です。


ヒアルロン酸などは高分子のまま、つまり大きな粒のまま薬用アットベリージェルに配合されています。こうすることで、皮膚に浸透せず表面に残るので肌の外側を守ってくれます。


一方、浸透性コラーゲンやオリゴヒアルロン酸などはナノ化しています。つまり小さくしているので、肌の奥の角質層まで浸透しやすくなっています。


このように、肌を守りながら、角質層まで浸透させたい美容成分はナノ化することでその効果を発揮できるように配合されているのが、薬用アットベリージェルの特徴でありポイントです。


薬用アットベリー







お肌は毎日生成されるから日頃のケアが大切

お肌は毎日角質の奥深くで生成されています。そして古くなった肌は表面に出てきてはがれていきます。
そのためある日にお肌をケアしたからそれでおしまいというわけではありません。


毎日新しい肌細胞が生まれていますので、常に毎日ケアしてあげることが大切なわけです。


薬用アットベリージェルは、美容成分をナノ化して肌奥の角質層に浸透させていきます。こうすることで肌が若い或いは生まれた段階から美容成分の効果を働きかけています。


また肌の表面が乾燥することは黒ずみの原因の一つですので、潤いをキープしてあげることが大事な環境作りになります。薬用アットベリージェルは皮膚の表面を乾燥から守ってくれますので、こうした面でも黒ずみ解消に貢献してくれます。


薬用アットベリー





脇の黒ずみの原因 自己処理

脇の黒ずみの原因の一つとして、メラニンの過剰生成が挙げられます。


どうしても女性の場合ですと脇を自己処理しようとしますね。特に暑い夏場を迎えるあたりですと、普段以上にしっかりと処理しようとして入念に行う方も多いでしょう。


そのために色素沈着を起こしたり、またカミソリなどを使うことで刺激を与えることになり肌を守るためにメラニン色素が反応します。


こうしたことで、脇の黒ずみが引き起こされるのです。
これは若い方だから関係ないということではなく、多くの世代の方がこうした状況になりがちです。


薬用アットベリー





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。